お探しの書名・著者名・キーワード等を入力して下さい

  • HOME
  • ウォルト・ディズニーの言葉
Title

ウォルト・ディズニーの言葉』

Category

No.0900

 

 『ウォルト・ディズニーの言葉』(ぴあ)を再読しました。

 本書はウォルト・ディズニー生誕110周年を記念して刊行されたもので、サブタイトルは「今、我々は夢がかなえられる世界に生きている」です。もともとウォルトの名言集として人気のあった本ですが、オリジナル原語(英語)つきで再編集され、装いも新たに刊行されたのです。


 本書のチャプターは6つに分かれています。すなわち、「夢」「挑」「失敗」「仕事」「ディズニーランド」「人生」です。


 それぞれの言葉には、英語と和訳が紹介されています。そのため、ウォルトの生の言葉(原文)を確認した上で読み進めていけるので、彼のメッセージが理解しやすくなります。名言の挿絵として、ドローイングのミッキーやドナルド、ダンボやティンクなどが描かれています。ディズニー・ファンにはたまりません! 本書には、ウォルトの名言が多く紹介されていますが、特にわたしの心に強く残ったのは以下の10の言葉です。

 


夢を実現させる秘訣を知っている人にでも、越せない壁があるなどとは、どうにも信じられない。私が思うに、その秘中の秘は4つの"C"で要約される。つまり、好奇心(Curiosity)、自信(Confidense)、勇気(Courage)、そして不変性(Constancy)だ。なかでも一番大切なのが"自信"、自分を信じるということだ。ひとたび、こうと思ったら、盲目的に一片の疑いもなく、それにのめり込んでいくということだ。

 


私はよく人から成功する秘訣を教えてほしいとか、どうすれば夢を実現できるかと尋ねられる。その答えは「自分でやってみる」ことだ。

 


物事をスタートさせる方法は、
口ではなく手を動かすことだ。

 


単なる金儲けは昔から嫌いだった。
何かをしたい、何かを作りたい、何かを始めたい、そう思っていた。

 


人生で経験したすべての逆境、トラブル、障害が、私を強くしてくれた。

 


若いころに大失敗すること、もしくは痛い目にあうことは重要なんだと思う。私もそこで多くのことを学んだ。

 


リーダーシップには強い信念、何かを信じる心が必要だ。



ここに来る人たちをただの商売上の顧客としてではなく、ゲストとして扱ってほしいんだ。



もっと愛想をよく接客するように。
それができないならここでは働けないよ。
僕らは幸福を売っているんだ。


私は辛抱強く人の話を聞く。
しかし、ひとたび決心すると、頑固と言われるまでに自説に固執する。