お探しの書名・著者名・キーワード等を入力して下さい

  • HOME
  • 宇宙の響き 中村天風の世界
Title

宇宙の響き 中村天風の世界』

Category

No.0833

 

 『宇宙の響き 中村天風の世界』神渡良平著(致知出版社)を再読。

 ヨガを基本とした独特の成功哲学を打ち立て、多くの経営者を指導した異色の哲人・中村天風。著者はその天風を求めて、自分探しの求道の旅に出ます。高野山をはじめとした国内に留まらず、インド、ネパール、ヒマラヤ、北米、そして南米へと広がった旅。「それでもまだ地球という星の半分にしか過ぎない」と著者は言います。その旅のどこに行っても迎えてくれたのは、星々の輝きでした。夜空にまたたく星々を見つめていると、宇宙の彼方からの響きが聞こえてきます。本書に盛られているインスピレーションはそうして得られたものであるといいます。

 

 中村天風がもたらしたものとは何か。それは「天」という概念に尽きると著者は述べます。人間が天を見失って久しい。しかし、人間の生産量が上がって、地球という星の存在すら左右するようになった現在、もうこれまでのようにはいかないのです。「覚醒が必要なのだ。生命界全部を見渡し、この星の全部を見渡す目が必要とされている」と著者は言います。 

 

 天風は、「心は天と自分をつなぐパイプだ。この結び目がしっかりとしている限り、宇宙から無限のエネルギーが注ぎ込まれ、弱きになることはない」と述べました。天の現身(うつせみ)であることを自覚し、弱気にならない限り、どんな逆境にも立ち向かっていけます。立ち向かうことさえできれば、自ずから問題は解決されます。その結果、その人はひと回りもふた回りも大きくなると著者は断言します。なんだか、読んでいくうちに元気になってくる本です。