お探しの書名・著者名・キーワード等を入力して下さい

  • HOME
  • できる人になる生き方の習慣
Title

できる人になる生き方の習慣』

Category

No.0279

 

 『できる人になる生き方の習慣』渡部昇一著(致知出版社)を再読しました。

 

 もともと『ヒルティに学ぶ心術』という本を改題し、新装普及版として刊行したものです。


 カール・ヒルティは、スイスの哲学者にして法学者として知られます。


 彼の『幸福論』『眠られぬ夜のために』などの著者を愛する人は日本人にも多いです。


 ヒルティは、「仕事に対する一日の区分が問題である」とか「小さな時間を利用する。断片的な時間を利用する」といったように、仕事術や時間のつくり方に関する名言が多く、ドラッカーのタイム・マネジメントを連想させます。


 しかし、わたしが数あるヒルティの言葉の中で最も好きなのは、「病気は人生の喜びの一つを与えてくれる。それは、回復の快感と、新たになった生活観の快適さである」というものです。自分が病んでいるとき、また、病気の他人を見舞うとき、この言葉を何度口にしたかわかりません。ヒルティこそは人生の達人だと思います。 


 ヒルティが非常に日本で人気があったのは、純粋キリスト教的な魂の深さのみならず、直接には宗教と関係のない人間的美徳というものの価値を彼が認めたことが大きいでしょう。特に、ストア派の哲学者であるエピクテートスの考え方を重視しています。


 エピクテートスは人間を向上させるための生き方を宗教を抜きにして説いた人です。


 著者は、このヒルティの態度が石田梅岩の心学によく似ていると、別の著書で述べています。ヒルティとは、「ええとこどり」で幸福を語ったヨーロッパの心学者だったのですね。